カテゴリ:消費者被害( 1 )

かしこい消費者講座でいざという時の安心がもらえました♪

狩場地域の方々と一緒に神奈川県中央消費生活センターの相談員もされている
河井講師から最近特に巧妙になりつつある、悪質商法の具体例とその対処方法を
実際にいままでうけた相談内容をもとにお話ししていただきました。
参加者の14名も講師のお話と不当架空請求のビデオ鑑賞で楽しく学びました001.gif
f0205134_526477.jpg

クーリングオフについても、口頭ではだめできちんと書面で通知すること、
またはがきが到着するのが8日以内でなければクーリングオフができないと
誤解しがちですが、期間内に発信するのが8日以内であれば有効であるなど、
なるほど043.gifと思う内容が多かったです。
(ちゃんと発信日がわかるように簡易書留で送るのがよいとのこと)
f0205134_5355475.jpg


そしてなんといっても困ったら近くの消費生活センターにまずは相談することが
一番の方法でもあり、安心でもあるかなと感じました。
どこに相談していいのかわからないことがありますので、講座終了後はどこにでもはれる
マグネットをいただき、自宅にはっています。
ちょっとした安心感があってうれしいですね053.gif

参加者の方は若い方も年配の方もいらして、あら?じゃああれは悪質商法だったのかしら?
とはじめて気がつくケースもあり、すぐそばまで被害が及ぶ危険性も感じました。
だからこそ、私たち自身がかしこい消費者になって被害を未然に防ぐことが大事ですね。

★保土ヶ谷区の方々は契約・勧誘で何かがおかしいと感じたら
 横浜市の消費生活相談窓口 (045-845-6666) または
かながわ中央消費生活センター (045-311-0999)まで相談しましょう!

今後もエリア会では様々な企画を予定します。ぜひこちらへどうぞ!
[PR]
by hodogayaeriko | 2010-06-30 05:18 | 消費者被害